秋田工業株式会社

会社概要

トップページ > 会社情報

代表挨拶


「時代が変われば仕組みも変わる。仕組みが変われば人も変わっていかなければならない。」 この理念のもと、ビジネスシーンで要求される多品種、小ロット、高い品質安定性に対応 すべく、最新鋭の設備導入、管理面での IT 化、人材の育成を進めてきましたが、さらなる 50 年、100 年先を見据え、社是である『【勇気】【根気】【元気】』=『勇気を胸に、根気強く、元気に前へ』を掲げました。

この言葉を社員とともに共有し、個々人が自分の考えをしっかりと持って、心と感性、技 術を磨き、お客様に満足いただける製品・サービスを提供し続けることが当社の宿命ととらえ、地域社会に貢献していきたいと考えております。

代表取締役 米川 勝廣



ポリシー


Akita Kogyo Kabushikigaisya/Actively towards tomorrow Keep trying Keep on dreaming積極的に明日に向かって 挑戦し続けよう 夢をもち続けて…
板金加工業は今。大きく変化する時代の中でより高い品質、より早い納期、高いコストパフォーマンスが求められる厳しい時代の中にあります。

そんな中でお客様にご満足いただけるよう、明日を見据え積極的に挑戦し、明日を切り開いて行かなければなりません。そのために、個人として、会社として、地域社会の一員として、夢や目標を持つ重要性を全社員が考え続ける。それが私たちのポリシーです。




会社概要

会社名 秋田工業株式会社
設立 昭和40年1月20日
資本金 4,000万円
代表者 代表取締役 米川勝廣
社員数 70名
本社工場 〒016-0014
秋田県能代市落合字下大野70-2
TEL:0185-52-2141
FAX:0185-53-2594
阿仁工場 〒018-4745
秋田県北秋田市阿仁萱草字地蔵岱43
TEL:0186-82-3333
FAX:0186-82-3336
事業内容 半導体製造装置、医療・介護福祉機器、
各種デジタル関連機器、
自立盤・制御盤等の精密板金加工と一部組立配線
取引銀行 秋田銀行能代支店

ISO9001ISO9001:2008
本社認証取得
APC21
APC21
生産管理システム

沿革

昭和40年1月 東京都町田市で通信機器組立会社として
東京エレス株式会社を資本金200万円にて創業
昭和40年5月 資本金500万円に増資
昭和42年10月 秋田県の誘致企業として能代市に進出し
コンデンサーの製造を開始
昭和44年4月 資本金1,000万円に増資
昭和44年10月 事業拡張のため板金工場を新設
昭和46年12月 事業発展に伴い管理棟及び第二工場を新設
昭和48年2月 秋田工業株式会社に改名
平成2年2月 職業訓練法人アマダスクール精密板金技能フェアにて銀賞受賞
平成2年6月 (財)秋田経済研究所より表彰状授与
平成2年8月 電気安全東北委員会より表彰
平成3年11月 事業拡張のため阿仁工場を新設
平成4年1月 阿仁工場操業開始
平成4年10月 全国労働衛生週間「努力賞」を受賞
平成6年10月 社会保険庁より表彰状授与
平成9年7月 全国安全週間「進歩賞」を受賞
平成12年4月 ISO9001:1994年版認証
平成15年3月 ISO9001:2000年版認証
平成18年11月 資本金4,000万円に増資
平成21年11月 ISO9001:2008年度版認証
平成22年12月 事業拡張のため阿仁第二工場を増設
平成25年1月 代表取締役に米川勝廣が就任
平成27年1月 創業50周年を迎える
現在に至る