秋田工業株式会社

選ばれる理由

トップページ > 選ばれる理由

デジタル・ITを活用した板金加工技術

当社では3次元ソリッド板金CADシステム『SheetWorks for Unfold』を導入してお客様とのデータ共有を行えるようにするとともに、三次元立体視による板金干渉チェックや溶接組立における段取りの削減などに活用しています。
曲げ加工データ作成全自動CAMである『Dr.ABE_BEND』による段取り工数の削減、作業者の技術伝承にタブレット端末を活用したりと、当社が得意とする精密板金加工にデジタル技術を組み合わせることで、さらなる生産性向上に取り組んでいます。



徹底した生産管理体制

オーダー品目のバーコード進捗管理を行うことができる㈱アマダ製の生産管理システム『APC21』を本社工場と阿仁工場に導入。両工場をVPN接続し互いの生産情報を共有化することで、製品が今“どこに”,“どのような状態に”あるのかをリアルタイムで把握することができます。
また、バーチャル工場監視システム『vFactory』にて設備の稼働状況をモニタリングしてトラブルの実績や稼働率の分析などを行うことにより工場生産性の『見え化』を図っています。



確実な検査と品質保証体制

本社工場はISO9001:2008認証を取得しており、また阿仁工場においても同レベルの品質保証体制を構築しております。板金の各工程には作業標準書を整備して均一な製品品質を提供できるようにするとともに、お客様に確実な製品をお納めできるよう検査スタッフによる確実な検査を行っております。
また、万一のトラブルにも即座に対応できるよう、トレーサブルな状態を確立しており、日々、品質向上のための改善活動に努めています。